特徴、効果、目的

世界が注目する、先進的トレーニング

株式会社ワールドウィングエンタープライズ、小山裕史代表が発明・創案した世界的に注目されるトレーニング法です。

1981年創立以来、数多くのトップアスリートを輩出し、そのフォーム作りや故障の改善につとめてきました。
その長年の指導と動作トレーニングの研究を続ける中で確立されたのが、画期的な「初動負荷理論®」、それに基づくトレーニングが「初動負荷トレーニング®」です。

トレーニングの特徴

トレーニングといえば「キツイ、苦しい」というイメージを持たれる方が多いのではないでしょうか?
その常識を超えたのが初動負荷トレーニング®です。
リラックスした状態で、自然に楽に大きな力を出しながら、神経と筋肉の機能の協調性を高め、血流・代謝を活発にする心地よい運動。
最新の科学に基づいた21世紀のトレーニングです。

初動負荷トレーニング®の詳細はこちら

このような目的の方におすすめです

  • 健康維持・増進に

    血圧、血糖値、メタボリックシンドローム等の生活習慣病の予防を目的とする運動の一つとして、取り組まれる方もおられます。実際に、B.M.L.T.カム®マシンを導入している疾病予防運動施設もあります。

  • サイズダウンに

    サイズダウンや減量を目的とされている方に有効です。食事制限や激しい運動に比べ、軽くリズミカルなトレーニングで代謝を高めながら身体を引き締めます。

  • 競技能力向上に

    競技種目や、個々に合わせたプログラミングが可能です。初動負荷トレーニング®は、強化トレーニングとしてだけでなく、競技前後のウォーミングアップ、クールダウンにも高い有効性を示しています。

  • 高齢者の方に

    初動負荷トレーニング®は、身体に負担が少ないので、高齢の方にも安心して始めていただき、継続し易いことでも知られています。介護予防事業の一貫として取り組んでいる自治体もあります。

高機能シューズ
BeMoLo®とは

"初動負荷理論®に基づいた
科学のシューズ"

初動負荷理論®に基づき、神経筋機能を高めるシューズを作ることができないかーオリンピック選手、プロスポーツ選手、麻痺改善に取り組む方々や医師の方々からの切実な声…。 地球上で歩く、生活する際に、一般的に目の仇に扱われる[衝撃]と呼ばれるもの。この衝撃の力の方向性や大きさを変えることで、関節や筋肉のアンバランスを解消できないか、そして[衝撃]と呼ばれるものを利用できないか、これにより、神経筋制御、神経筋機能を高められないか…。そして、生まれたのが、科学のシューズ 『NEW BeMoLo®シューズ』です。

BeMoLo

BeMoLo®シューズが選ばれる理由

  • 1歩く・移動(足圧移動)

    足圧の移動(歩行)は「踵から外側縁(小指・薬指側)に移動し、そして最後に拇趾球から第1指(親指)へと移動して、地面からはなれることが理想」とされ、『脚が出て着地する場所に乗り込むこと』ができれば自然で、走ることにも通じる合理的でスムースな足圧中心の移動ができ、理想の歩き方ができます。

  • 2BeMoLo®(ビモロ)バー

    踵から第4指に向けたバーと、その左右両端、計3本のフラット部と傾斜部を併せもつ構造から形成されるビモロバー。
    足の第5指(小指)、第4指(薬指)、第1指(親指)の動きを合目的的に誘導し、本来、体重の数倍に増す、着地時の負荷(荷重)の方向性を変えることで、自然に衝撃を分散すると共に、足底のアーチを保護し、理想的な足圧の移動を誘導し、合理的な歩き方をガイドします。

  • 37か国で国際特許を取得

    ビモロシューズは、日本・韓国・アメリカ・中国・EP(ドイツ・フランス・イタリア)の7か国で国際特許を取得しています。

小山裕史先生の紹介

小山 裕史

小山 裕史 -Yasushi Koyama-

1956年11月14日生まれ。1994年に初動負荷理論®を発表し、翌年トレーニング科学研究会に承認される。その後、(財)日本スケート連盟、(財)日本陸上競技連盟、(財)日本水泳連盟、(財)日本柔道連盟のフィットネス・コーチ等を歴任し、現在(株)ワールドウィングエンタープライズ代表。

B.M.L.T生命医科学研究所 所長
高崎健康福祉大学 保険医療学部理学療法学科 教授
2014年10月ー2017年9月
早稲田大学大学院人間科学研究科博士課程修了 博士【人間科学】【早稲田大学】

初動負荷理論®
制御【神経筋制御】【運動制御】
バイオメカニクス
の研究者

初動負荷理論®の主な研究発表
・ACSM(アメリカ・スポーツ医学会)
・ISB(国際バイオメカニクス学会)
・ISEK(国際電気生理学&キネシオロージ学会)
・EJAP(ヨーロッパ応用生理学会学術誌:論文

主な著書

  • 「奇跡」のトレーニング

    「奇跡」のトレーニング
    初動負荷理論®が「世界」を変える
    講談社/小山裕史著
    (2004年1月15日~)

  • [増補改訂版]小山裕史のウォーキング革命

    [増補改訂版]小山裕史のウォーキング革命
    講談社/小山裕史著
    (2014年12月25日~)

  • 希望のトレーニング

    希望のトレーニング
    講談社/小山裕史監修
    (2014年7月31日~)

その他、医学図書への執筆も多い。